ビーグレン製品のテクノロジー

ビーグレン製品に使われている「皮膚浸透テクノロジー」とは

ビーグレン,b.glen,テクノロジー

口コミサイトでも評価の高い「ビーグレン(b.glen)」。なぜ市場に数あるスキンケア製品では思ったほどの効果・結果が出せないのでしょう?その理由は実はとても単純なのです。

 

その製品のスキンケアに有効な成分が皮膚に浸透しなったから。

 

ビーグレンは医療現場で使われている皮膚浸透技術を初めてコスメ製品に応用して開発されています。このビーグレン独自の「浸透テクノロジー」を使った製品効果の高さが肌のトラブルにお悩みの多くの方に評価されているのです。

 

この独自のテクノロジーについて解説します。

ビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome」

肌の悩みの解消にため、そのトラブルの根源に速やかに有効成分を届けるテクノロジー。それが「QuSome(キューソーム)」。
”ドラッグ・デリバリー・システム”という医療技術をスキンケアに応用した医療レベルの浸透テクノロジーです。

 

ビーグレン,b.glen,テクノロジー

 

QuSomeはドラッグ・デリバリー・システムの研究に携わってきた、ビーグレンの共同創設者、ブライアン・ケラー博士によって開発された最先端医療技術のことです。

 

ビーグレンはドラッグデリバリーシステムをスキンケアに応用して、肌のトラブルの根源である箇所、角質層・表皮層・真皮層に確実に到達させることで、スキンケア成分の効果を最大限に発揮させることを可能にしたのです。

 

QuSomeが美肌成分の効果を高める5つのメリット

最大で10倍の浸透

皮膚の細胞膜に似た構造をもつQuSomeカプセルの相互作用によって、美肌成分の肌の深部への浸透を高めます。
育毛剤に使用されている医薬成分「ミノキシジル」をQuSome化した実験においてQuSome化していないものに比べて10倍の量のミノキシジルを皮下組織に届けることができました。

効果が表れる時間を1/2に短縮

水に溶けない美肌成分と脂に溶けない美容成分の両方を同時に超微小カプセルで包み込むことができ、美肌成分を効率よくかつスピーディーに肌の奥まで届けることができます。
経皮麻酔に使用される医薬成分「リドカイン」をQuSome化した実験において、QuSome化していないものに比べ、麻酔効果が出るまでの時間が1/2以下に短縮することができました。

美肌成分をより確実に届ける

超微小カプセルで包み込むことで、酸やアルカリ、酸素から、美肌成分を守り、製品の品質と安定性を保持します。
QuSome技術発見の元となった類似技術「リポソーム」に比べて美肌成分をより多くカプセル化(QuSomeでは90%、リポソームでは50%)することが可能となり、より確実に肌の奥に美肌成分を届けることを可能にしました。

より少ない量で、より高い効果

美肌成分を角質層、表皮層、真皮層など狙った箇所に確実に届けるために、美肌成分とその箇所の接触時間がながくなり、結果的に治療効果が高めることが可能になります。
美肌成分の「ハイドロキノン」(1.9%濃度)をQuSomeカプセル化した実験では、QuSomeカプセル化していない「ハイドロキノン」(4%濃度 皮膚科処方の濃度)に比べて同等の美白効果が証明されました。

高い安全性。肌への負担は1/4

角質層、表皮層、真皮層で美肌成分がより多く蓄積されることで、反対に血管から循環器へ美肌成分の流入がなくなり、副作用が軽減され、安全性が増します。
QuSomeカプセル化していない「ハイドロキノン」(4%濃度 皮膚科処方の濃度)クリームを使用して、肌に刺激を感じた人が19人いたのに対して、QuSomeカプセル化した「ハイドロキノン」(1.9%濃度)を使用して肌に刺激を感じた人は4人でした。

 

更新履歴